http://www.hapi-project.com

AGAコラム

AGAとは?AGAの原因を解説

投稿日:

AGAなどの抜け毛、薄毛の原因

AGAは非常に進行の早い薄毛であり、テストステロンという男性ホルモンが関係しています。遺伝の影響が大きく、女性より発症しやすいのは間違いありません。特に頭頂部・前頭部などは発症しやすく、早ければ20代から薄くなってきます。今はまったく問題がなくても、将来的に急激に発症・進行する方もいるので注意しましょう。

抜け毛・薄毛に気づくためには、自身の髪のボリュームを覚えておくしかありません。しかし、これは意外と難しいことですから、1年に1回というように定期的に頭部の写真撮影をしておくのがよいです。少しでも薄くなったと感じたら、薄毛が始まっています。

AGAの種類による症状の違いとは?

AGAの種類は複数あり、発症場所によって異なってきます。額の生え際、頭頂部、前頭部などで発症しますが、複合型もあります。これらの部位すべてが薄くなってくるタイプは、すぐに対処しないとあっという間に髪が減ってしまいます。髪を減らさないために大切なのは、早め早めの対策をすることです。ケアが遅くなるほど頭皮サイクルは乱れてしまい、元に戻すのが難しくなってきます。

年齢とともに少しずつ薄くなっていくタイプはそれほど心配いりませんが、20代から抜け毛増加を感じるようなら注意が必要でしょう。AGAは早ければ20歳くらいから発症するので、若いから大丈夫と考えてはいけません。

自分がAGAかどうか確認する方法

AGAのセルフチェック法として一番わかりやすいのは、抜け毛をチェックすることです。年間を通して増えてきたらAGAの進行が始まっている可能性があります。ボリュームは年齢相応程度を維持できれば問題ありませんが、明らかに年齢より少ないと感じる場合は注意してください。例えば30代でヘアスタイルを整えるのに苦労するようなら、AGAの影響だと考えられます。

生え際もチェックポイントとしてわかりやすく、少しずつ後退しているようなら注意してください。親族に薄毛の人がいる場合は、自分にも遺伝する可能性が高いので早めのケアが必要です。

AGA以外の脱毛症とは?

AGAによる抜け毛は生え際、前頭部、頭頂部などで起こることが多く、それ以外の部位は髪が残っています。例えば側頭部・後頭部がフサフサという場合、AGAの可能性が高いでしょう。それ以外の抜け毛・薄毛には脂漏性皮膚炎、円形脱毛症などがあります。前者は皮脂分泌が過剰になることで発症するもので、頭皮に合ったシャンプーを使用するのが改善の基本です。後者はストレスが大きく関係していますが、正確な原因はわかっていません。

いずれの薄毛に関しても、セルフケアで対処できない場合は医療機関で検査を受けてみましょう。薄毛のタイプによって対処法が変わってくるからです。

-AGAコラム

Copyright© AGAの薄毛治療を仙台のクリニックで受けてきた【体験ブログ】 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.