http://www.hapi-project.com

AGAコラム

AGA治療で使われる薬とはどんなもの?

投稿日:

プロペシア(フィナステリド)

プロペシアとはAGA治療に有効な飲み薬のことです。

主成分であるフィナステリドは、日本の厚生労働省でも医薬品としての効果があることが認められています。

薄毛の中で最も多いタイプとなっているAGAは、男性ホルモンが原因で起きます。

毛根内の還元酵素と男性ホルモンが結合して生み出されるDHT(ジヒドロテストステロン)が、髪の毛の順調な成長を妨げるために薄毛が進行します。AGA治療薬の主成分には、このDHTの生成を抑制する効果があるために、抜け毛が増えることを防ぐ作用があります。

DHTによって乱されたヘアサイクルを正常化することができるので、普通の髪の毛の成長期に戻すことで抜毛を減らします。

ザガーロ(デュタステリド)

AGA治療薬としてはプロペシアが有名で、医療機関でも処方を受けることができます。

厚生労働省の認可を受けているので、AGA治療をしているクリニックで購入することが認められているわけですが、近年では新薬としてプロペシアとは異なるザガーロという薬の処方も行われています。

この薬の主成分はプロペシアのフィナステリドとは違って、デュタステリドと呼ばれる成分です。

新薬の主成分であれば、フィナステリドのときには抑制できなかった5αリダクターゼの2型にも有効となるので、より一層ジヒドロテストステロンの生成を抑えることが可能になります。

ミノキシジル

AGA治療を行っているクリニックの代表的な治療法として、ミノキシジルが配合されている育毛剤を使用する方法があります。

この有効成分は毛細血管を広げることができるので、血流を促進させる効果があります。

血液の流れを活発にすることで、毛根に栄養素を届けやすい頭皮の環境にすることができます。

薄毛の大きな要因として、毛根や髪の毛に十分な栄養素が送られていないということがあり、血管を拡張することでこの問題を解決できます。

育毛剤と飲み薬であるプロペシアは相性が良く、AGA治療のクリニックでは同時に処方を行って併用することが一般的です。

その他のAGA治療薬

近年では日本の様々な地域で薄毛の専門治療が受けられるAGAクリニックが増えています。

AGAクリニックで受けられる治療法としては、飲み薬や育毛剤を使用したものとなりますが、さらに高度な方法として育毛メソセラピーがあります。

この治療法では、フィナステリドやミノキシジルなどのAGA治療に有効性が認められている成分を、注射で直接頭皮に注入します。

また、認可を受けているクリニックでは、毛髪再生医療と呼ばれるHARG療法もあり、費用などの面を考えて自分の求めている治療法を選択できるようになっています。

毛髪再生医療では、AGA治療薬に使用される有効成分に加えて、毛髪成長因子を調合して注入する治療法となります。

 

 

 

-AGAコラム

Copyright© AGAの薄毛治療を仙台のクリニックで受けてきた【体験ブログ】 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.