http://www.hapi-project.com

AGAコラム

AGAの治療の効果はハゲ型によって違う!

投稿日:

AGAの症状によって効果に違いがある

AGA(男性型脱毛症)にはいくつか症状の違いがあって、その治療効果も少し違いがあります。

生え際(M字)型は男性ホルモンの影響を特に受けやすい部位から薄毛になっていくため、治療の効き目は遅めです。

頭頂部型は初期症状を見逃さないようにすれば、治療の効き目は早めに現れます。

おでこ付近が全体的にハゲていく前頭部型では、治療の方法により早く効き目が見える場合も少なくありません。

自分のどの症状なのかということをクリニック等専門機関にて診断してもらい、それぞれに合った適切な治療法を早めに受けることが大切です。

効果が出始めるまでの期間はどれくらい?

AGA治療の効果が出始めるまでの期間は、治療薬の服用では早い人で3ヵ月、おおよその場合では平均6ヵ月ほどとなっています。

治療薬を使った方法の効果とは、頭皮の血管を拡げるというもので、血行促進することによる発毛活動の再開です。

自毛植毛による治療では、医療行為施術後の投薬期間も含めて早い人で2ヵ月、遅くても半年以内ということで、早めに効果が出る方法だと言われています。

先に決まった予定があったり、お金をあまりかけられない人には向いている治療法と言えます。自分の毛根を使うため、以後はとかすのも自由になります。

効果はどれくらい持続するの?

AGA内服薬の効果が持続するのはおおよそ1ヵ月だと言われています。

発毛が認められたら、併用していた外用薬の使用は中止となり、内服薬だけを継続していくという方法がとられることが多いです。

自毛植毛法の場合は、毛根がしっかり定着すればその効果は半永久的と言えます。移植に使用する毛根は後頭部といった部位から選ばれ、さらにこれらは男性ホルモンの影響をほとんど受けない細胞ですので、発毛サイクルが乱されにくいという特徴を持っているからです。

さまざまな治療法がありますが、体質や薄毛の長期間放置などにより効果がなかなか出ない場合もあります。

薄毛治療を止めると薄毛にもどる?

外用薬や内服薬を使用しておおよそ1ヵ月効果が続いたあと、これらの薄毛治療を止めて1年後あたりには、せっかく生えてきた髪の毛は抜け落ちてしまい、毛根も元通りになって全体的な薄毛も以前の通りに戻ります。

AGA治療後に毛髪が認められたら、その後の治療は「防御のためのもの」という認識になりますので、この防御を止めてしまうと元に戻ってしまうということになります。

薄毛へ戻ることを予防するためには、AGA治療をずっと続けていくことが必要となります。

治療薬で効果が薄い人や持病のために内服薬が使用できない人の場合には、自毛植毛法の選択肢を覚えておきましょう。

-AGAコラム

Copyright© AGAの薄毛治療を仙台のクリニックで受けてきた【体験ブログ】 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.